汚れが落ちやすいモトクロスパンツ


2017.02.05

 all, diary

先日、遊びと防水加工の検証を兼ねて

バイクで山へ入ってきました。

 

試験データを信用すれば良いのですが、決して安くはない費用で

購入して頂くわけなので、自分で確信しなけば、、。

そんな思いで目的の泥水に巡り合えましたが、流石にわざとらしく転倒する勇気はなく

凍てつく雪解けの水が流れる中から泥をすくい、

こすり付けてみました。

 

 

生地の織りが一番動く膝周りを中心に検証しましたが

完全な防水には至らず、若干の水が染み込んでしまいました。

繊維に加工しているので、織りが粗くなっているのが要因だと思います。

しかし、汚れが落ちやすいのは確かですね。

 

 

 

 

 

動きに負担が掛かりにくいところは水弾きよく、染込みなしです。

 

 

 

 

 

とどめを刺すかのように、動きが少ないところへ泥を擦りつけてみました。

まずまずとゆうところでしょうか。

雨の日にコースで履いてみたいですね。

 

 

 

IMG_3922

 

この加工を採用するなら、膝周りのパテッドは何らかの対策が必要でしょう。

 

 

 

IMG_3923

 

泥水が自然に染まるかのように

やはり生成りは汚れが目立たず良い味出てます。

 

 

IMG_3925

 

いつもなら汚れを風呂で一緒に洗い流すのですが

洗剤を入れ普通に洗濯機で水洗いしてみました。

 

 

 

IMG_3928

 

完璧には落ちていませんが、良い感じの馴染み具合です。

加工はオプションにしようかと迷うこの頃ですが、

 

DSC_0024

 

相も変わらず新作も生成りから縫っておりまして

 

DSC_0025

 

順番待ちのサイズ違い達です。

 

あとはデニムを裁断すれば準備万端の

早くも2月です。

 

 


PAGE TOP