さくら サクラ 桜 SAKURA


2017.04.13

 all, diary

さくら サクラ 桜 SAKURA

色んな表現があり日本語は、そして日本は複雑です。

私は複雑な要素を和らげるような、カタカナ表現が好きかもです。

しかし、今年のサクラは勢いよく咲いているような気がしませんか。

 

 

アトリエ兼自宅の隣には公園があり、結構な数のサクラが植えられいますがいつの間にか満開です。今年は雪が多く冬が永かったような、そんな反動で開き方の勢いがいいのでしょうか。作業をしていると手を止める回数が増えて、よく魅入ってしまいます。春がようやく訪れた、一年が始まる新しことが始まるような、上手いこと新年度なんて作ったもんです。サクラの側にまた勢いよく咲くピンク色の花。

 

 

ツツジのような花?私にはよくわかりませんが、夕方前になると結構な数の子供がいつも遊んでおり、なんと女の子が枝を折って振り回してはしゃいでいるのはいいけれど、帰るころにほったらかし。嫌でも窓からよく見えてしまいます。

 

 

そのままは見るに見かねて拾い上げに行き、花瓶を探し水を入れて飾ってあげました。せめて遊んだあと持って帰り、家で飾ろうとも思わなかったのかな。親の顔が見たいと思うのも歳をとった証拠かな、でも子供の頃は私らも同じことを言われていたんでしょう。

 

 

しかし、家に花が飾っていたり絵なんかも、そんな環境なら、こんなことしないのかな。サクラや樹木の花なんて、せいぜい2週間位で散ってしまう。365日のうち、本来の輝きを2週間放つために雨風・暑さ・寒さに耐え忍んでいる。学校や親は教えてあげなくちゃいけないと思いませんか。危ない危ないボヤキは程々です。

いつまでも見ることができる景色じゃないと思いますので堪能しながら、2ストの排気音を遠慮なく響かせることができる場所へ移りたいな。その前にショップ兼アトリエかな。色々と思いだけは膨らませ、TRIUMPM RIOTに向けて明日には完成します。

 

 


PAGE TOP