Triumph & SCRAMBLE Trouser


2017.04.05

 all, garments

Triumph & SCRAMBLE Trouser をテーマに

撮影モデルとして協力してくれたトライアンフ乗りの友人達。

 

 

 

 

渋いアップマフラーとオリジナルの経年変化が悩ましいブラックタンクの73年式TR6。オーソドックスなヴィンテージライダースタイルを好み、他にもトラを2台、ラビットやランブレッタなどの旧車を楽しまれている方。

 

 

 

Roundabout Motorcyclesで組み上げられたオイル漏れ一つないシンプルにカスタマイズされた70年式TR6。BSAビクターも新たに保有し、ファッションで何かを埋めているように垣間見えていた頃より、トラを乗り出してからライフスタイルに広がりが生まれ楽しんでいる様子が伺える方。

 

 

 

 

またトラにも乗りたい衝動にかられながら、造形フェチの自分はエンジンしかアップしていませんが

 

 

奇しくも同い年の二人、車種も同じ、そんな雰囲気の良い二人に依頼しました。

 

 

 

 

 

 

Black Denim

身長177c、W34インチ着用

 

 

 

 

 

Natural White Denim

身長171c、W30インチ着用

 

 

 

 

 

 

Indigo Denim

 

太過ぎず細過ぎず、野暮ったくなり過ぎない、加え過ぎない、そんな私の好きなシルエット・ディティール・デザインコンセプトがモトパンであっても強調し過ぎず馴染み溶け込む。バイクの世界観は関係ないのかもしれない。但し、アダルトなカジュアルスタイルが好きな人に履いて欲しい。なので節操のないプリントなどには合わさないで欲しい思いがあります。

 

 

 

 

人生をかけている一コマに手伝えることができ、良い体験をさせてもらった。そこまで言ってもらえるとは自分が考え直されました。かけているのだろうか、若い頃に目指していたことを全部やり尽くしたいだけなのか。恵まれているかもしれないですね、しかし後々何の気もなくいけそうな予感がします。貴重な休日に本当にありがとうございました。

 

 

 

さあ、あなたもパテッドライフ始めませんか。

 

 

ロードで一度転倒して痛さ怖さを痛感しましたが、パテッドがあると安心感が増して無ければ不安になります。

 

 

但し、安心感のお陰でスロットルを実力以上に開け、スピードフリークになってしまうので程々に。


PAGE TOP