Triumph Scrambler × SCRAMBLE Trouser


2017.12.15

 all, garments

昨日、違うバイクを再びトライしてきました。

 

以前、掲載して頂いたLightning 様がトライアンフ特集で

SCRAMBLE Trouserをコーディネートして下さった

STREET  SCRAMBLER

 

トライアンフ神戸様のご協力を得て

この目で確かめるために合わせてきました。

 

 

またしても、Harvest Moon Surf & Motorcycle 吉田君の助けを得て、持つべきものは有難き友。

自然の背景が広がるスポットに行きたかったのですが、海外の人が喜びそうとゆう案から

灘の銘酒どころの酒蔵建物に狙いを定めた、天気に恵まれた日でした。

 

 

 

 

 

 

この日はNatural Whiteを履いて、上はまたしてもBarbour。

重ね着しやすく合わせやすいのが好きなジャケットです。

 

 

 

 

 

気に入った背景、しかし思ったより光ってしまい

見て下さる人がわかりにくい

白系は難しいです。

 

 

 

日陰の面へ移動したものの

カメラと被る太陽

 

 

 

 

考え直しては一旦諦め、六甲アイランドへ移動してスポットを探してみました。

 

 

 

 

 

 

 

コンテナバースにそそられましたが何か違う

 

 

 

 

 

 

あまり考えすぎては仕方ないので広い道路で遊びました。

僕らの基本みたいに、立って上手く乗れなければ座っても乗れない

よくベテランから言われたものです。

 

BMWのスクランブラーより車重のわりに倒しく扱いやすい

ローでも伸びていくスムーズ過ぎるトルク

何よりギザギザステップの本格仕様にびっくりの安定感

熱くも感じないアップマフラー

ダートから高速道路まで、あらゆる楽しみが増えそうな

現代的なスクランブラーでした。

 

 

 

 

 

六甲アイランドを探索しましたが、最初のお気に入りが忘れられず

もう日陰だろうと思い戻ってきました。

 

 

 

 

 

今度は光が足らないような

露出・絞り・シャッタースピード・ISOなどなど

カメラは奥深過ぎますが

少しずつ上手くなっている吉田君

 

 

 

私はエンジニアを持っていないので

吉田君のものを履かせてもらいました。

 

レースアップよりは綺麗な足長の雰囲気に変わります。

 

 

Sandbeige/サンドベージュ

ペコスにブーツアウトでも良いでしょうね。

 

数ある中からピックアップした画像ですが

検討材料の一つになれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

バイク談議にも花が咲き、快くご協力して下さった

トライアンフ神戸 魚住さん 青山さん

ありがとうございました。

 

 

 

Natural WhiteとIndigoの欠品サイズは完成してきましたので

明日にでも補充いたします。

 


PAGE TOP